アトリエのセルフリノベーション

 

防火帯建築の一室をセルフリノベーションしたアトリエ。

横浜市芸術不動産活用のモデル事業であり、
戦後復興期に横浜市心部に建設された防火帯建築にある住居スペースを、
できるだけ解体・廃材を出さず転用しながら改修した。

和風な室内は一部木目を残しながら白を基調とし、外部に面する大きな開口にあった障子や間仕切りの襖には不織布を太鼓張りとすることで自然な光を奥まで取り込み、和風な室内は床は本畳を裏返してグレーに塗装することで荒々しい藁の素材感を残しつつも軽快さを得られるようにしている。

■データ DATA
所在地 Location:横浜市中区 Yokohama
構造 Structure:RC造 RC
延床面積 Total Area:38㎡
竣工 Completion date:2017.02
施工 Contractor:セルフリノベーション